FC2ブログ

人間の勝手

富士山で片山右京が遭難事故に見舞われました。
結果、同伴登山者二名が命を落とす残念な結果になりました。

しかし、これは事故なのでしょうか?
人間が近代文明の力を駆使して(衣類や道具)
自然園に挑戦し、大山に挑むのは
ただ単に人間(個人的)のエゴでしかないでしょう。
自然園は人間(人工物)を歓迎していません。

ちなみに富士山は世界で1番汚い(ゴミだらけ)山としても有名です。
その汚れた富士山を清掃しながら登山する野口健さんも言います。
『日本人は登山マナーから考えてほしい』と

今回の片山さんのマナーはわかりませんが
自然園、山に対して『油断』があったのは否めないと思います。
人間は自然にかなわないし、自然を尊厳しなければならないし、
自然に感謝しなければならないと思います。
今一度『自然』の中に生かされているという当たり前な現実を認識しましょう(゚-゚)。
感謝。
スポンサーサイト

忍者かよ

昨日書店で「プチ速読」なる本を購入し実践してみました。
速読関連の本を10冊程試してまるっきり駄目だった私に初めて
好結果がでました!1分間に読み進められた行数が・・・

本の中の速読レッスンを受ける前・・22行。
CDを聴いてレッスンを受けた後・・73行。
なんと3倍(1分間あたり)になってビックリです(^0^)/!。

私だけでなく現代人は「速読」「速記」「記憶術」「勉強術」「礼儀作法」など
まるで昔の忍者が身につける忍術的なモノを好んでいます。
モノに頼らない自分自身の装備を充実させることは、素晴らしいことです。
便利になっていく世の中で技術装備、知識装備をすることの素晴らしさ、これを
たとえ会得できなくても挑戦することは非常に良いことです(゚-゚)。

先述の私の速読ですが今日ビジネス本を読みながら「あれ?」と感じました。
私は本を読む際に蛍光ペンやボールペンで線を引いたり書き込んで読むので
結果として読書スピードは以前と全く変わらないということに気づいたのです(*_*)。

では小説なら速読可能かといえば私は少し前の場面や台詞をよく戻って
読み直し、確認して読み進めるのでここでも速読を生かせません。
ま、新聞を読む際に生かすか、と思いながら今日も速読訓練をしましたが
結果は・・・昨日より良くなかったです(ショボン)(:_;)。
これが「まとも」なんでしょうか・・・?

あのパラパラパラ~とページをめくり読み終える速読の人は
全ての漢字を読めて全てのカタカナ語の意味も理解し
作者の会心のトラップをも痛感して読了しているのか大変疑問です・・。
でも羨ましいのです・・忍者みたいです・・やっぱり羨ましいです(^O^)。
感謝。

何年生?

我が家には小学6年の一人息子がいます。
最近は「中学に入ったら部活をどうしよう」とか
「お父さんは何部だったの?」「英語っておもしろい?」など
中学校への疑問や期待や不安がもっぱらの話題です。

最近の中学校の内容は分かりませんが昭和50年代は
小学生=子供  中学生=大人の第一歩 と言う感じでした。

今までは呑気にノホホンと生活していたのが
急に先輩後輩関係に厳しくなり
学習も自分で工夫したり努力しないと落ちこぼれたり
生意気な行動をとると徹底的にいじめられたり
部活動ではしごかれまくったり、とにかくこの3年間で
「甘えと惰性」を取り除かれ「忍耐と妥協」を覚え「友情と裏切り」を知りました。

何年生か?がとても重要な時期でした。
しかしこれは義務教育の時期だけの話ではありません。
私は今40代です。息子は10代です。
「人生を義務教育に例えて」
0歳~9歳・・幼児
10歳~19歳(10代)・・・小学1年生
20歳~29歳(20代)・・・小学2年生
30歳~39歳(30代)・・・小学3年生
   ・
   ・
70歳~79歳(70代)・・・中学1年生
80歳~89歳(80代)・・・中学2年生
・・・・・・と考えてみたらどうでしょう?

私はまだ4年生、息子は1年生です。
まだまだお互い中学(70歳~)に向けてやらなければいけないことが
たくさんあるでしょうし、少しやる気がでませんか?
勉強はもちろん、病気を治したり、周囲の皆さんに感謝したり・・・
先輩や後輩のことを考えたり・・・。
まだまだ小学生です。活発になろうではありませんか。
小学校のころのように・・・。
感謝。

テーマ : 中学生の毎日*
ジャンル : ブログ

賞金王

今日のゴルフ日本シリーズを終え18歳の石川遼選手が賞金王になりました(゚-゚)。
一般サラリーマンの何十年分かという程の賞金を一年間で稼ぎ出した実力は圧巻です。

『才能を持ってる人はイイナア』と言う人もいますが
我々一般人で才能以前に彼より努力をしている、し続けている人がどれほどいるでしょう?

お金(賞金)の事より【頑張り】では負けないぞo(^-^)oと石川選手に言えるでしょうか?
友達や同僚と切磋琢磨することは良いこと、マトモなことですが
それに加え、18歳の石川選手に負けない何か→読書量や英会話勉強量、早起き…など
若き賞金王を相手に来年から頑張っても良いのではないでしょうか(^0^)/。

石川遼選手の明るさや清々しさ、ひたむきさ、プレイスタイル…
どれも素晴らしいからこそライバルとして相応しいし
我々の自己啓発材料にもってこいではないでしょうか。

ほどほどに私たちも頑張りましょう。
感謝。

ダイエット中

ダイエットなるものにアラフォーながら初挑戦しています。
50キロ台だった体重が15年前にタバコを止めてから増え続け75キロに・・。
早速本屋さんでダイエットに関する本を探しましたが今イチ気に入った方法がないところに
周囲から良きアドバイスがありました。

「食べるとき30回噛んで食べたら良いよ」

へえ簡単じゃん、それなら手軽に始められるやー
と30回咀嚼ダイエットを始めて約二ヶ月・・・正直最初は噛むのがつらくて
<箸で摘めるだけ摘み→頬張れるだけ口に入れ→噛むか噛まないかのうちに飲み込む>
それらの習慣を変えるだけでも大変でした。
誰よりも早く食べ、誰よりも大食いだったのが今では
誰よりも遅く(噛んでるので)、遅くなった分ご飯は常に小ライスです。

そのためか体重は6キロ減の68キロ~69キロ台をさまよっています。

目標は65キロですが食事だけではさすがに無理らしいので
会社まで朝夕40分を歩いて通勤するようにしています。
なかなか毎日は無理(寒さや出張で・・)ですがカッコイイ自分を夢見て歩くつもりです。

しかしダイエットしてから痛感したのは
「日本はなんて飽食なんだろう」
「質素な食事を摂れる食堂はなんて少ないのだろう」
「カレーのスプーンってこんなに大きいんだー」  でした。

今までの食事はまともじゃないなと痛感しました。
もしかしたら運動したり計画したり悩んだりするよりも
「食事に対する考え方」を変えるだけでダイエットは出来るかもしれません。

我々はダイエットではなく「まとも」に食事をすること
それを念頭におくだけで痩せられるのではなかろうか?
・・・納得。       そして感謝。

新チャンピオン

先日WBCフライ級王座戦「内藤対亀田」が行われました。

世界タイトル戦を前に亀田はまず最初に
①宮田ジム側に感謝すべきである。
②またWBCに感謝すべきである。
③ある意味テレビ局や広告主にも(バーター的だが)感謝すべきである。
チャンピオンと戦いたくてもチャンスを掴めず年齢と体力、技術の衰えから
世界タイトル戦を戦わずして引退していく世界ランカーがどれだけいることか・・。

勝った、負けたと騒ぐ以前に
今の自分の立場や状況をつくって頂いた
その人事や境遇や環境に感謝する事が一番大事なことである。

以前の亀田家であれば「勝てば文句無いだろう」
「なんぼのもんじゃい」だったが果して今はどうだろうか?
ボクシング選手として社会人として家人として・・・立場はどうであれ
私達は常日頃、周囲に感謝する気持ちを忘れてはならない。

ボクシングでも社会でも勝ったか負けたかより
もっともっと大事なものがたくさんあるのである。

結果は亀田が勝利し新チャンピオンになったがチャンピオンでいられる
期間は人生の中ではほんの一瞬である。
長い人生を生きていく人間としての技術や態度や心持を彼がどれだけ
習得していくかも今後世間は注目するはずであろう。
「チャンピオン、亀田」ではない、「人間、亀田」としてまともに人生を送ることを期待する。
以上
感謝

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール
このブログ内での検索
検索したい語句(1つ)を入れて「検索」をクリック!
QRコード
QR
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
229位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
メールはこちらから
ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる