FC2ブログ

スマホばかり見ている君達へ

私は高校中退した息子を横浜に働きに出した時に宮本常一の父のように
下記10か条を伝えたかったのですが(~_~;)さすがに愚息は
まだ忍耐力も考察力も未熟で理解できない状態だったので
いつか精神生養がなされたら教えてやろうと思っている文言(^○^)

最近はどこへ行っても、乗り物の中でも、食べ物屋さんでも
みんなスマホ、スマホ••••もっと見るものも感じるものもあるのに(~_~;)。

本日、仙台⇒山形移動中の電車で宮本常一の文章を思い出したので
みなさんにも案内いたします(^ー^)ノ。
子を持つ親はこうでありたいです*\(^o^)/*


宮本常一『民俗学の旅』講談社学術文庫1104から(p.36-38)

小学校卒業後、1年間村で百姓をした後、常一の父は「世の中へ素手で出ていくには身体がもと手であるから、どんな苦労にも堪えられるようにしておかねばならぬが、一年間百姓させてみてもう大丈夫だと思う。何をさせてみても一人前のことはできるだろう」と言ってかれを大阪に行かせる(大正十二年四月)。
その出発の折に、父が常一に与えた 父の10ケ条。


(1)汽車へ乗ったら窓から外をよく見よ、田や畑に何が植えられているか、育ちがよいかわるいか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、そういうこともよく見ることだ。駅へついたら人の乗りおりに注意せよ、そしてどういう服装をしているかに気をつけよ。また、駅の荷置場にどういう荷がおかれているかをよく見よ。そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、よく働くところかそうでないところかよくわかる。
(2)村でも町でも新しくたずねていったところはかならず高いところへ上ってみよ、そして方向を知り、目立つものを見よ。峠の上で村を見おろすようなことがあったら、お宮の森やお寺や目につくものをまず見、家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を見ておけ、そして山の上で目をひいたものがあったら、そこへはかならずいって見ることだ。高いところでよく見ておいたら道にまようようなことはほとんどない
(3)金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ。
(4)時間のゆとりがあったら、できるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを教えられる。
(5)金というものはもうけるのはそんなにむずかしくない。しかし使うのがむずかしい。それだけは忘れぬように。
(6)私はおまえを思うように勉強させてやるごとができない。だからおまえには何も注文しない。すきなようにやってくれ。しかし身体は大切にせよ。三十歳まではおまえを勘当したつもりでいる。しかし三十すぎたら親のあることを思い出せ。
(7)ただし病気になったり、自分で解決のつかないようなことがあったら、郷里へ戻ってこい、親はいつでも待っている。
(8)これからさきは子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしないと世の中はよくならぬ。
(9)自分でよいと思ったことはやってみよ、それで失敗したからといって、親は責めはしない。
(10) 人の見のこしたものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ。
スポンサーサイト

片手で錐(きり)は揉めず



久しぶりのブログで申し訳ございません(≧∇≦)。

皆さんはなにかに迷ったり悩んだりしていませんか?
案外、人が悩む時というのは自分よがりだったり
誰かのせいにしがちです••••(~_~;)
そう自分だけの力量や立場や視点で
物事を捉えてりしてしまいがちです。


自分の目的を達成しようとしたり
自分の理想通りに物事を進める時に
自分一人で悩んだり考えたりしても
なかなか上手く事は運びません。

「片手で錐は揉めず」

とは周囲の人へ協力を求めることの
大切さを上手に表現した実にいい言葉です。
同僚や先輩や後輩、兄弟や親や恩師••••
皆さんの周囲には案外たくさんの知り合いがいます。
誰でもかまいませんから(^○^)
困ったり悩んだりした時には
周りの人の協力をあおぐのも手です。

まだ、錐(きり)を知っている世代の我々には
理解できる良い言葉です。

【了】

全く余計(~_~;)


【北海道新聞7月4日朝刊より】

ラスト30ページ、衝撃の結末に私は号泣しました。

との文言••••なに、それ?
最後の方での展開に衝撃を受けるか?否か?
は個人の捉え方の違いであって
衝撃を受けるかどうかは全く余計なお世話である。


それよりも何よりも最後の方である程度の
「仕込み」があるのだな
と読書前の人に知らせてしまうことが大罪である。
「仕込み」や「うねり」や「どんでん返し」は
果たして有るのか無いのか?
有るならば何処で繰り広げられるのか?
それらを期待しながら読むのが読書の醍醐味であり
作者との会話や駆け引きと言えましょう。


作者とのやりとりよりも「衝撃の結末」
という言葉のエサで読ませようとする
昨今の出版社の愚かさに辟易してしまうのは
私だけではないと思います(^_^)。


大々的なコマーシャルをしている名本には
なかなか出会えません(笑)。
名作や名本は広告ではなく実力でその存在を
我々に訴えかけるのです(^○^)
が、それゆえベストセラーにはならぬことも多いわけで(泣き)。


生意気な言い方になりますが••••
ベストセラーが名作、と思っているうちはまだまだ(^_^)
あなたにとってのベストセラーは?なんでしょう。
もし、その本を誰かに勧める時に前者のように
「ラスト30ページでーー」なんて野暮なことを言いますか?


野暮なことを言って売る側も、売られる本も
私にすると滑稽で近寄りたくないと思ってしまいます。


【了】
プロフィール
このブログ内での検索
検索したい語句(1つ)を入れて「検索」をクリック!
QRコード
QR
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
229位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
メールはこちらから
ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる