FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長と泣き所


【エンディング】

最近、帰宅後ケーブルテレビで続けて映画を映ました(^○^)。
「ダイハード1」「逃亡者」「愛と青春の旅立ち」と、
ちょうど私が十代半ば~二十歳過ぎ頃の作品を映て思ったのは
感動する場面や泣き所が随分増えたということです(^з^)-☆。


「愛と青春の旅立ち」を映た高校生の頃は、まだ世の中のことも
大人の恋愛も、家庭のこともサッパリわからない青二才でした。
「ダイハード1」の頃は社会人になり働きだし結婚した頃で
なんとなく大人の仲間入りをした感じですが(笑)まだまだ
「1人の人」としては未熟者••••独り立ちできていませんでした。
「逃亡者」公開の頃はちょうど東京から札幌に転勤になり、
只々、慌ただしく映画を映ることは、その頃からなくなりました。


思えば••••一人暮らし、就職、結婚、転勤、育児と色々な経験から
「子供の気持ち、親の思い」「快楽、苦痛」「憎悪、友愛」
「生命、財産」「貧困、贅沢」「賢明、狡猾」「歓喜、哀愁」
色々な思いを味わい、人の色々な気持ちをわかってきたのかも知れません。


映画には実は、どんな作品にも上記の人の気持ちが織り込まれています。
その奥深くに織り込まれたモノを見つけ出せるか?感じられるか?
どうか?は映ている人に掛かっています。


昔、若い頃に映た映画でつまらないと思ったものを
たまたま再放送で映てエラく感動することもあるでしょう。
それは映た人の成長によるもので映画はある意味
映る人の変化を見極める試金石とも言えるでしょう。


皆さんもたまには昔映た映画で自身の成長を確かめてみませんか?(^○^)。



【了】


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このブログ内での検索
検索したい語句(1つ)を入れて「検索」をクリック!
QRコード
QR
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
4911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
176位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
メールはこちらから
ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。